古い金庫を買い替え交換するときに確認するポイント

0120-537-365

古い金庫を買い替え交換するときに確認するポイント

金庫の鍵トラブルサービス 鍵開け 暗証番号忘れ カギ紛失 業務用 家庭用 他

鍵の修理サービス「東証一部上場 生活救急車」がお伺いします!出張・お見積無料!365日年中無休で受付

古い金庫を買い替え交換するときに確認するポイント

金庫の寿命は概ね20年ほどですが、古い金庫を買い換え交換する場合にどのような事に注意すればよいのでしょうか?現在の金庫から、どのような理由で買い換えるのかによっても選択肢は変わるため、このページで金庫買い替え時の確認ポイントをまとめていきます。

金庫を買い換え交換する理由

お客様とお話ししていて意外に多いのが、シリンダー、鍵、ダイヤル錠の不調を原因として、金庫の買い替えを検討されているケースです。皆さん金庫の部品が個別に交換できることをご存じないため、その様なケースでは部品交換をおすすめしています。同様に、錠前の性能に不安がある場合も、シリンダー錠をそっくり防犯性能の高い部品に交換する方法をご提案しています。セキュリティアップ前提での金庫の買い替えであれば、多くのケースでピッキング対策を行った最新錠前への変更で解決可能です。またスペアキーを失くしたケースでは、金庫の鍵穴からスペアキーを複製可能ですので、この場合も買い替えの必要はありません。どの様なケースでもご遠慮無く弊社にご相談ください。

耐火金庫から防盗金庫への買い替え

近隣で空き巣事件があり、金庫を壊されて中の物を持ち去られた。などを理由として金庫の買い替えを検討されている場合は、防盗金庫に交換します。耐火金庫は、工具などを使用したプロの窃盗団にかかるとひとたまりもありません。その点防盗金庫であれば、バールなどによるのこじ開けや、電動工具を使用した破壊も難しくなります。このようにプロの窃盗団に対抗する必要がある場合は、価格帯がいきなり上がりますが選択肢としては防盗金庫の一択です。更に床や壁にアンカーを打って金庫内から固定し、簡単に持ち去れないようにします。もちろん防盗金庫も耐火性能を持っていますが、商品によって耐火時間は異なりますので、購入品物検討の際にはその点もチェックします。

製造後20年を超えた金庫の買い替え

金庫に耐用年数がある理由は、耐火性能が落ちてくるという問題に集約されます。その分厚いボディには、中身を火災から守るために水分を含んだコンクリートがつめ込まれています。この水分は時間が経つと共に徐々に減っていき、概ね20年で購入時に保証されている耐火時間を満たせなくなります。この場合修理は不可能で、残念ながら買い替えしかありません。

古い金庫の廃棄方法

買い替えを行えば当然ながら古い金庫の廃棄問題が発生します。しかし金庫は粗大ごみとして廃棄出来ませんので、一般的にはリサイクル業者や廃品回収業者に依頼することになります。もちろん弊社は金庫のプロですから、廃棄もお引き受け可能ですし、新しい金庫にどのような機能を求めているのか?どのくらいの予算か?など、検討段階でご連絡頂ければ適切なアドバイスを致します。また金庫は設置方法によっても防犯性能が変わりますので、購入・設置作業・古い金庫の廃棄まで含め、鍵と金庫のプロへご相談ください。

他社とはここが違う!鍵の特急マスターの強み

サービスの流れと作業手順

サービスの流れと作業手順 サービスの流れと作業手順
安心のサービスクオリティ とにかく早い!担当者のクオリティに絶対の自信
PageTop