医療機関で麻薬金庫が開かない時の解錠ならご相談ください

0120-537-365

医療機関で麻薬金庫が開かない時の解錠ならご相談ください

金庫の鍵トラブルサービス 鍵開け 暗証番号忘れ カギ紛失 業務用 家庭用 他

鍵の修理サービス「東証一部上場 生活救急車」がお伺いします!出張・お見積無料!365日年中無休で受付

医療機関で麻薬金庫が開かない時の解錠ならご相談ください

一般的にはあまり耳馴染みのない「麻薬金庫」ですが、オピオイドと呼ばれるモルヒネなどの医療用麻薬は「麻薬及び向精神薬取締法」で保管方法が厳しく取り決められ、専用の麻薬庫の使用が義務付けけられています。麻薬金庫は個人で使用するものでないだけに、担当者の退職、鍵の紛失、暗証番号がわからなくなるなど、金庫が開かない状況が発生しがちな金庫です。病院・診療所・薬局など、医療機関で麻薬金庫が開かない時の解錠作業は鍵開けのプロにご依頼ください。

麻薬金庫の設置場所や麻薬の保管方法について

「麻薬診療施設・麻薬小売業者(薬局)は、施設内に設けた鍵をかけた堅固な設備内に麻薬を保管しなければならない」と法令で定められています。この「鍵をかけた堅固な設備内」とは、「麻薬専用の固定した金庫又は容易に移動できない重量金庫で、施錠設備のあるもの」とされています。また麻薬保管庫内に麻薬以外の医薬品、現金及び書類(麻薬帳簿を含む)等を一緒に入れることを禁じるなど、非常に厳しい内容となっています。更に麻薬金庫は固定することを推奨されており、数人で持ち上げられる設置状態の場合、監査によって不備を指摘されることもあるようです。このように保管体制まで含め細かく定義されていますので、当然ながら持ち去りの危険性のある手提げ金庫はもちろんのこと、鍵付きロッカー・事務机の引き出しなどに麻薬を保管することも禁じられています。

麻薬金庫が開かない場合の解錠について

非常に厳しく保管方法が定められていることから判るとおり、紛失事故を起こした時の罰則も重く、麻薬金庫の鍵が開かないトラブルは緊急を要する問題となります。また本来誤った使用方法である、シリンダー錠の鍵を失くしてダイヤル錠のみで開閉している。ダイヤル錠を使用せずキーのみで施解錠を行っている、といった金庫もしばしば目にします。その状態でダイヤル錠が壊れたり、ダイヤル位置がズレて開かなくなるケースは、非常に多く発生しているため特に注意が必要です。麻薬金庫のキーが折れた、回らなくなったなどのトラブルが起こった場合は、365日年中無休ですぐに出動いたしますので迷わず弊社までご連絡ください。

麻薬金庫メーカーについて

麻薬庫は、米澤器械工業、三和化研工業、マイスコ、アルティア、松吉医科器械、アズワン株式会社、KOKUYO(コクヨ)といったメーカーから発売されていますが、どのメーカーのどのようなモデルでも解錠可能ですのでご安心ください。また保管方法の定義を満たしている場合、Diamond Safe(ダイヤセーフ)、diplomat(ディプロマット)、EIKO(エーコー)、ITOKI(イトーキ)、Kumahira(クマヒラ)、okamura(オカムラ)、PLUS(プラス)、SAGAWA(サガワ)、SENTRY(セントリー)といった、一般的な金庫メーカーの重量金庫を麻薬庫として使用されているケースもあるかと思います。もちろんこれらも問題なく解錠可能ですので、麻薬金庫の解錠はプロの鍵屋にご連絡ください。

他社とはここが違う!鍵の特急マスターの強み

サービスの流れと作業手順

サービスの流れと作業手順 サービスの流れと作業手順
安心のサービスクオリティ とにかく早い!担当者のクオリティに絶対の自信
PageTop