防盗・耐火金庫のシリンダーが壊れたら、防犯のためにすぐに鍵屋へ

0120-537-365

防盗・耐火金庫のシリンダーが壊れたら、防犯のためにすぐに鍵屋へ

金庫の鍵トラブルサービス 鍵開け 暗証番号忘れ カギ紛失 業務用 家庭用 他

鍵の修理サービス「東証一部上場 生活救急車」がお伺いします!出張・お見積無料!365日年中無休で受付

防盗・耐火金庫のシリンダーが壊れたら、防犯のためにすぐに鍵屋へ

金庫には寿命があることをご存知でしょうか?防盗金庫と防犯金庫があることをご存知でしょうか?ご自宅や事務所の金庫が防盗金庫なのか?耐火金庫なのか?識別はできていますか?もしそれがわからない状態で金庫のシリンダー錠が壊れた場合には、行うべき対処が異なりますのでご自身でなんとかしようとせず、解錠後の防犯のためにもまずは鍵屋へご連絡ください。金庫は金属の塊ですからそう壊れるものでないと思いがちですが、こと錠前部分は防犯性能を高めるために極めて精密な部品で構成されています。また金庫は一旦買ったら20年ほど使用し続けますから、長年使用するうちに埃などでシリンダーが詰まり動きが悪くなります。そのような状態のシリンダー部分に無理に鍵を差し込み施錠・解錠を繰り返すことで次第にへたりが出てきます。そしてメンテナンスを行わず使い続け、あっと思った時には金庫のシリンダーが壊れて開かなくなるというわけです。

耐火金庫と防盗金庫の違い

耐火金庫は火事にあった時に中の書類や現金などを守るための金庫で実は防犯性はそれほど高くありません。もちろん金庫をこじ開けようと考えるのはよっぽどのことですから、感覚的に手が出しにくいという意味では防犯性はありますが、ニュースなどで目にする「金庫をバールの様なものでこじ開けて・・・」というのは、耐火金庫が窃盗あったときの状況を説明しているものです。そうです、耐火金庫はバールなどを使用すれば比較的簡単にこじ開けられてしまうのです。ちなみに防盗金庫も耐火金庫も耐火性能は概ね20年ほどで落ちてきて火事にあった時は中のものが守られなくなります。よって20年以上経った金庫のシリンダーが壊れた場合は、壊して取り出すのも一つの選択肢なのですが、もしそれが防盗金庫だった場合にはとても厄介なことになるため、開かない金庫の開錠はご自身で行わないほうが良いのです。

防盗金庫の防犯性能

防盗金庫は攻撃を受ける前提で作られていますから、そう簡単には開錠出来ませんし破壊することもできません。ニュースなどで「重機で金庫を壊して・・・」というのが防盗金庫です。その場で開けられないので盗み出し、安全なところで破壊するわけです。防盗金庫も丸ごと持ち去られては防ぎようがありませんから、対応策として床下から金庫をボルト止めすることもあります。防盗金庫が厄介なのは、攻撃を受けると二重ロックが効いてプロの鍵屋でも簡単に開けられなくなることです。もし金庫のシリンダーが壊れた場合には、簡単に開くものも開かなくなってしまうので、余計なことを一切せずに鍵屋へ電話してください。ダイヤルに関しても回していないほうが良い結果を産みます。365日年中無休でご対応いたしますのでお気軽にご連絡ください。

他社とはここが違う!鍵の特急マスターの強み

サービスの流れと作業手順

サービスの流れと作業手順 サービスの流れと作業手順
安心のサービスクオリティ とにかく早い!担当者のクオリティに絶対の自信
PageTop