ロッカー扉が開きっ放しで閉まらない、そんな時はいつでも修理のご相談承ります

0120-537-365

ロッカー扉が開きっ放しで閉まらない、そんな時はいつでも修理のご相談承ります

鍵の修理・調整サービス 玄関 金庫 シリンダー 窓 ドアノブ ドアクローザー 他

鍵の修理サービス「東証一部上場 生活救急車」がお伺いします!出張・お見積無料!365日年中無休で受付

ロッカー扉が開きっ放しで閉まらない、そんな時はいつでも修理のご相談承ります

ロッカー扉が開きっ放しで閉まらない、鍵がかからないなどでお困りではありませんか?そんな時も鍵屋が修理のご相談を承りますのでお気軽にお申し付けください。ロッカー扉や本体のゆがみやねじれ、丁番が伸びた・取れてしまった、棚板が落ちた・壊れたなど薄手の鉄板でできているロッカーは思いのほか簡単にひずみが出てくるため、観音開きの合わせ目がずれて扉がきちんと閉まらなくなるのはよくあることです。またスライド扉の場合にしばしばあるケースですが、ロッカー内に入りきれなくなった書籍や書類など、重量のかさむものをロッカーの上に積み上げていて、それらの重みによって扉がズレて開かなくなるケースも多くあります。歪みを放置してそのままロッカー扉の開閉を続けると、本来接触しない部品がこすれあって塗装が剥がれたり表面が削れたりします。定期的に点検し何か不具合を見つけたら早めに修理・調整を行えばロッカーは長く使えるものですが、ロッカー鍵の開閉がスムーズでなくなってきた時は危険信号と考えてください。ロッカー扉の不具合の前兆ですから扉が開きっぱなしになる前にお気軽に弊社にご連絡ください。

ロッカー扉の不具合原因

ロッカー扉の不具合原因として最も多いのが扉の変形で、雑な開閉を繰り返すことで徐々にゆがみが出てきます。閉まりにくくなったロッカー扉に対するイライラから無理やり扉を閉める、力任せに閉じる、スポーツ選手のようにロッカーを殴る・ける。こうなった頃にはもうどうにもならなくなっているはずです。また重量のあるものを大量にしまいこんでいる場合にもロッカーには歪みが来てしまいます。

ロッカーの扉の修理方法

ロッカー扉が閉まらなくなる・開かなくなる原因として最も多い不具合ポイントは、扉の取り付け部分にあるヒンジの歪みや伸びです。まず中に入っているものを全て取り出してロッカーにかかる荷重を取り除きます。ロッカーの上に積み上げた物があればそれも降ろします。これで良くなるようならば完全に詰め込み過ぎですから内容物を減らすか重いものを減らしてください。次に丁番を取り付けてある部分のネジを確認し緩みがあれば絞めます。ネジ類は使っているうちに徐々に緩んできますので定期的に点検して締め増しを行ってください。ヒンジ部に歪みがあれば扉を締めた状態で枠と扉の隙間が大きくなっている部分があるはずです。プライヤーで曲がった箇所を伸ばしてやるか木槌で軽く叩いて綺麗に揃えてあげましょう。ロッカー鍵の紛失や故障で開かない・閉められないといった場合はもちろん、扉の交換や鍵シリンダー部の内部清掃、調整修理、交換といった作業は弊社にお任せください。

他社とはここが違う!鍵の特急マスターの強み

サービスの流れと作業手順

サービスの流れと作業手順 サービスの流れと作業手順
安心のサービスクオリティ とにかく早い!担当者のクオリティに絶対の自信
PageTop