窓の鍵(クレセント錠)の修理交換なら鍵屋へ

0120-537-365

窓の鍵(クレセント錠)の修理交換なら鍵屋へ

鍵の修理・調整サービス 玄関 金庫 シリンダー 窓 ドアノブ ドアクローザー 他

鍵の修理サービス「東証一部上場 生活救急車」がお伺いします!出張・お見積無料!365日年中無休で受付

窓の鍵(クレセント錠)の修理交換なら鍵屋へ

窓サッシの多くに取り付けられているのがクレセント錠です。窓はよく開閉するものですから手軽にかけられるクレセント錠が適していますが、反面防犯性については気になるところです。

クレセント錠による窓の防犯

窓サッシの多くは、クレセント錠によってロックするタイプとなっています。クレセント錠とは、つまみを持って回すクレセントを受け側の金具に引っ掛けて使うタイプのものです。このクレセント錠は、開閉が多い窓には適したタイプのロックと言えますが、その反面外部からも窓に穴を開けるなどして簡単に突破されてしまうという弱点も持ちます。そのため、クレセント錠の防犯性を高めるためにさまざまな工夫がなされています。

クレセント自体にロックをかける

回転するクレセントの方にロックをかけることで、簡単に回らないようにするタイプのものです。鍵をつけて回転にロックをかけたり、また別につまみを付けてロックと解除ができるようにしたりといったものなどが存在しています。

クレセントにカバーをつける

クレセント錠を覆うようにカバーをつけ、外部からクレセントを回すことができないようにしたタイプのものです。このカバーに鍵をつけて開閉できるようなタイプなら、内側からのみ開閉可能、また鍵がないとクレセントに触れることができないため、安心です。

補助錠

クレセント錠とは別に、補助錠をつけてダブルでロックするタイプです。窓枠にレール錠の金具を取り付け、そのロックを解除しないとスライドできないようにするものや、つまみを回して締めることで窓が開かないようにするものなどがあります。

窓に穴を開けられないシート

窓のクレセント付近に貼り、外部から窓ガラスに穴を開けられることを防ぐものです。簡易的ではありますが、特別な操作は必要ありませんし、ガラスに穴を開けること自体が困難になりますから、結果的に外部からの突破が難しくなるわけです。

クレセント錠のかみ合わせトラブル

クレセント錠は、基本的に2つの金具を使って引っ掛ける形のものですから、金具の状態によってそのかみ合わせがうまくいかなくなることもあります。クレセント本体もしくは受け側の金具は、窓枠にネジ等で固定されているものが多いですが、このネジが緩んでいたりするとがたつきが出たり、うまくかみ合わなくなったりします。

また、クレセントの金具が曲がったり劣化したりするのもトラブルの1つでしょう。さらに、クレセントが回りにくくなってしまうとロック自体がかけられなくなってしまいます。こうしたクレセント錠のかみ合わせなどのトラブルがあるままの状態で使い続けると、ほどなく壊れてしまうことも考えられます。そうなる前に新しいクレセント錠に交換するのがおすすめです。

クレセント錠の交換は鍵屋へおまかせ

窓サッシに使われているクレセント錠は、鍵の専門業者に依頼すればすぐに交換することができます。それぞれの窓サッシメーカーに対応したものをほとんどの業者で用意することができます。私たち鍵屋にお問い合わせをいただければ、適切なご案内に加え、見積もりに関しても無料でお出しすることができます。

他社とはここが違う!鍵の特急マスターの強み

サービスの流れと作業手順

サービスの流れと作業手順 サービスの流れと作業手順
安心のサービスクオリティ とにかく早い!担当者のクオリティに絶対の自信
PageTop