空き巣侵入口ランキング第2位の「玄関・勝手口」を対策しよう!

0120-537-365

空き巣侵入口ランキング第2位の「玄関・勝手口」を対策しよう!

防犯対策・補助錠の取付け プロの立場から最適な防犯対策をご提要します!

鍵の修理サービス「東証一部上場 生活救急車」がお伺いします!出張・お見積無料!365日年中無休で受付

空き巣侵入口ランキング第2位の「玄関・勝手口」を対策しよう!

空き巣に侵入されないためには、玄関や勝手口の防犯対策が重要です。 侵入手口は複数あり、まずは自分で出来る対策から始め、不安が残るようであればプロに相談することで万全の対策が施せます。常に防犯意識を持つことが重要なのです。

最も有名な方法「ピッキング」とは

住宅の玄関や勝手口には必ず鍵が付いています。空き巣は、この鍵を不法に開けて侵入してくるのです。今までに、侵入されるために行われた様々な手口が報告されています。
最も有名な方法は「ピッキング」です。針金に似た特殊な工具を使い、鍵穴に挿入して鍵を開けてしまうのです。「バンピング」と呼ばれる方法もあります。バンプキーという特殊な鍵を鍵穴に入れることにより、鍵が開いてしまうのです。これらの方法は鍵穴やドアなどを壊すことなく鍵を開ける方法ですが、鍵穴などを破壊して開ける方法もあります。

「サムターン回し」「こじ開け」とは

「サムターン回し」は内側からつまみを回す方法で、ドアスコープから手を入れたりドアや引き戸の一部を破壊して穴を開けることがあります。もっとも原始的なのが「こじ開け」です。鍵穴をドリルで破壊したり、ドアや引き戸にバールなどをねじ込んでこじ開ける方法です。

空き巣に狙われないためには

空き巣に狙われないための防犯対策は、まず自分で出来ることから始めます。
最も基本的な方法は、家の周囲や玄関付近を綺麗に掃除することです。郵便ポストに郵便物が溜まっていたり、玄関に複数のゴミが落ちていると不在がちであると思われてしまいます。また、泥棒が下見に来た際に「マーキング」をされている可能性があります。これはドアや引き戸の見づらい部分などに印をしておくことで、目印になっているのです。このマーキングを消すことも重要です。
市販の防犯グッズを活用するのも良い方法です。夜間に人が近づくと自動で点灯するセンサーライトは特におすすめです。家族が普段から出入りするルートから少し離れた場所に設置すると不審者だけに反応します。
実際に機器を取り付けていなくても、「防犯装置作動中」などと書かれたステッカーを玄関に貼ることも防犯対策になります。

自分で出来る防犯対策を整えても不安が残る場合は、プロに相談しましょう。個人では出来ない防犯対策を整えてくれます。
真っ先に行われるのは、防犯性の高い鍵に交換することです。鍵は住宅を購入したときから付いていたものをずっと使うことが多いですが、現在ではピッキングやバンピングが出来ないように対策されている鍵が登場しており、さらにこじ開けなどの破壊に対しても耐久性があるのです。引き戸にも対応しています。
また、玄関ドアに補助錠を取り付けるのも有効な手段です。鍵穴が二つあることで防犯対策を講じていることが分かり、ターゲットになりにくいという側面もあるのです。
防犯カメラを設置してもらうことも可能です。センサーライトとの組み合わせで、不審者を録画するだけでなく強い光で威嚇する効果もあります。室内のモニターで監視することも出来るので、安心感があります。

窓に次いで狙われやすい玄関や勝手口の防犯対策は非常に重要です。
まずは、自分で出来る防犯対策を講じることから始めましょう。玄関周りの掃除はすぐにでも出来ることですが防犯効果があります。また、市販のセンサーライトやステッカーを貼ることも有効です。
自分で出来る防犯対策だけでなく、プロに相談することも考慮するべきです。堅牢な鍵への交換や防犯カメラの設置など、個人では難しい対策を講じてくれるのです。
自宅に貴重品がないから空き巣に狙われても問題ないと考えている人もいますが、それは大きな間違いです。犯人に侵入されてしまっては、金品や貴重品類だけでなく身の危険にさらされる可能性もあるのです。特に一人暮らしの女性は注意が必要です。
常に防犯への意識を持ち、自分で出来ることから始めて防犯に気を遣っていることをアピールすればターゲットになる危険性が下がるのです。

他社とはここが違う!鍵の特急マスターの強み

サービスの流れと作業手順

サービスの流れと作業手順 サービスの流れと作業手順
安心のサービスクオリティ とにかく早い!担当者のクオリティに絶対の自信
PageTop