高額なロードバイクを盗難されないための、頑丈な鍵のご紹介

0120-537-365

高額なロードバイクを盗難されないための、頑丈な鍵のご紹介

防犯対策・補助錠の取付け プロの立場から最適な防犯対策をご提要します!

鍵の修理サービス「東証一部上場 生活救急車」がお伺いします!出張・お見積無料!365日年中無休で受付

高額なロードバイクを盗難されないための、頑丈な鍵のご紹介

最近、ロードバイクに乗られている方をよく見かけます。高価な物だと50万円、100万円といった金額の物もあります。一般的な自転車でしたら、補助錠の数を増やすことで防犯対策になるのですが、ロードバイクの場合には必ずしもそうとは言い切れないのです。ここでは、ロードバイク向けの補助錠をご紹介いたします。

ロードバイクの補助錠は頑丈なものを

一般的な自転車の場合、意外に鍵をかけずに停めてあるケースも少なくありません。無施錠の自転車が多くなっている中、初めから付いていた純正品の鍵にプラスして補助錠でツーロックしていれば、比較的簡素な鍵であっても窃盗被害のターゲットにはなりにくいものです。しかし、高額のロードバイクとなると話は変わってきます。換金時に高額で取引される事から、プロの窃盗団に狙われやすく、一般的な自転車と同様の防犯意識では大変危険です。プロの窃盗犯は、ロックを破壊するための工具を必ず持っているので、より堅牢な施錠が必要となります。ロードバイクが盗まれてしまいますと、パーツに分けられ流通される事が多いので、持ち主に戻ってくることはほとんどありません。盗難の被害に遭う前に、万全の対策を取られることが大事です。

安物の補助錠を複数つけても同じ

ロードバイク窃盗のプロは、不正開錠は行いません。ダイヤル錠の暗証番号を合わせたり、シリンダー錠をピッキングして開錠したりする方法はしないのです。時間をかけず、鍵を破壊して一瞬でロードバイクを盗んでいきます。安物のチェーンロックやアルミ製のU字ロックなどは、ホームセンターなどで販売されているワイヤーカッターでも簡単に切断可能です。さらにボルトカッターを使われた場合、10㎜程度の固線を使用したワイヤーでも切断されてしまいます。残念ながら、直径10㎜以下のワイヤーロックや、安価な錠を複数使い施錠していたとしてもあまり意味がないのです。

お勧めすべき補助錠と設置方法

フレームとタイヤを通し、標識や支柱などに地球ロックするのが基本の設置方法です。

・Abus(アブス)社GranitX-Plus540 実売価格10,000円前後
こちらはU字ロックタイプで、重量は約1,500グラム、シャックル(U字部分)は13㎜ありますので、簡単には切断できない作りになっています。

・Abus社STEEL-O-CHAIN880 実売価格6,000円前後
こちらはチェーンタイプで、重量1,100g、チェーンタイプのため携帯にも便利です。刃物で斬りにくいナイロン製の素材のカバーが鍵の周辺を覆っているので、チェーン部分を切断されても時間稼ぎができるのが特徴です。

・Abus社U GRIP BORDO5700 実売価格8,000円前後
こちらはブレードタイプ(折りたたみ式ロック)で、重量830gと軽量のため携帯に非常に便利です。また専用のマウンターで自転車に固定可能です。

鍵のことでしたら、どのようなことでも承ります。ぜひ一度弊社フリーダイヤルまでお気軽にご相談ください。

他社とはここが違う!鍵の特急マスターの強み

サービスの流れと作業手順

サービスの流れと作業手順 サービスの流れと作業手順
安心のサービスクオリティ とにかく早い!担当者のクオリティに絶対の自信
PageTop