最近車のリモコンキーの調子が悪いと感じたら、すぐに修理の検討を

0120-537-365

最近車のリモコンキーの調子が悪いと感じたら、すぐに修理の検討を

自動車の鍵トラブルサービス インロック 紛失 鍵開け カギ作成 他

鍵の修理サービス「東証一部上場 生活救急車」がお伺いします!出張・お見積無料!365日年中無休で受付

最近車のリモコンキーの調子が悪いと感じたら、すぐに修理の検討を

調子が悪いままで車のリモコンキーを使用されてはいないでしょうか?キーレスに慣れているとリモコンが効かない状態はかなりストレスが貯まるものです。不具合は放っておいて直るものではありませんから、いずれリモコンキーの修理・交換になります。ここでは自動車のリモコンキーの不具合原因と修理方法をまとめていきますのでご参考のうえ早めに修理を検討してください。

リモコンキーの調子が悪い原因と修理方法

まず考えられるのがリモコン内蔵電池の消耗です。通信機器全般に言えることですが通信頻度が高い状態になると一気に電池を消耗します。駐車時に自動車内にリモコンを置きっぱなしにする、シャッターのある車庫内などで車の近くにリモコンの保管場所があるといった状態では車のキーレスは常時通信を行い電池の消耗が激しくなります。それほど使用していないのに電池の減りが早い場合は駐車時のリモコンの通信を疑ってみてください。電池切れであればご自身で電池交換すれば解決します。交換方法はメーカー・車種によって異なりますので説明書を参考にして行ってください。電池を交換しても復旧しない場合は本体の故障が疑われますが、稀にキーレスプログラムの暴走もありますので、その場合にはパソコンの再起動のような処置が必要です。対処方法としては電池を抜いた状態で30分程度放置しリモコンのプログラムにリセットを掛けてから電池を入れ直してみてください。ボタン部分など明らかに破損している場合や電池交換で治らない場合は本体の交換になりますが、スイッチの接触が悪い場合には接点復活剤を塗布し乾燥させて組み直すことで治る場合もあります。ただし分解して元に戻せないなどリモコンを壊してしまう危険性がありますので自己責任で行ってください。

社外品リモコンキーへの交換

純正リモコンキーより高機能の社外品などもありますし、純正品より安い価格で手に入れられる場合もありますので、社外品リモコンキーも検討対象になります。社外リモコンキーを選ぶ時の注意点ですが、基本的にキーレスが成り立つ仕組みは、リモコンキーの固有番号コードを車側のコンピューターに登録して作動させるものが多いため、動作対象になっている登録が可能なものを選ぶことが最も重要です。これは中古の純製品を手に入れた時も同様で、車載コンピューターへの新たな登録が必要です。エンジン起動をキーで出来ないタイプのリモコン故障は致命的なことになりませんので、調子が悪いと感じた場合には早めの対処が重要です。社外品の選択にお悩みの方はもちろんリモコンキーでお困りの際には弊社までご連絡ください。純正品の入手には時間がかかることもありますが鍵屋であれば365日年中無休でお近くの担当者が駆けつけます。

他社とはここが違う!鍵の特急マスターの強み

サービスの流れと作業手順

サービスの流れと作業手順 サービスの流れと作業手順
安心のサービスクオリティ とにかく早い!担当者のクオリティに絶対の自信
PageTop