ドアクローザーの寿命と交換費用について

0120-537-365

ドアクローザーの修理・交換サービス 玄関 室内ドア 浴室 トイレ 他

鍵の修理サービス「東証一部上場 生活救急車」がお伺いします!出張・お見積無料!365日年中無休で受付

ドアクローザーの寿命と交換費用について

どちらのご家庭でも、玄関ドアや勝手口にはドアクローザーを取り付けられていると思います。入居時から付いているものだけに特段意識しないものですが、ドアクローザーには耐用年数があり知らぬ間に寿命が迫っているかもしれません。ドアクローザーの交換時期や費用について覚えておきましょう。

ドアクローザーの寿命

ドアクローザーは外用・室内用を問わず、バネや油の粘性を利用してドアの開閉速度をコントロールしています。使用頻度やメーカー・製品によって耐用年数は異なりますが、おおよそ10年から15年が耐用年数であると考えてください。ストッパーを作動させるために歯車を使用しているモデルでは、油が切れると「ガチガチ」と行った異音を発生させます。急激にドアがしまったりギィーという音が出る場合は、既に寿命が迫っている可能性があります。特に玄関扉のドアクローザーは、使用頻度も高く外気に触れるため消耗が早いものです。丁寧に使用していても、15年程度でこれらの症状が出始めると思ってください。

ドアクローザーの交換費用は

ドアクローザーは、ホームセンターやDIYショップなどで手軽な価格で購入できます。ドアクローザー大手のドアーチェック製造株式会社の「ニュースター182シリーズ」は、スタンダートで6000円、パラレルでも7000円以内で購入が可能です。しかしドアクローザーの取り付け調整は以外に難しく、取り付け位置のズレや調整の不具合で、思うように動作してくれないこともあります。また調整時に、油圧弁を開きすぎて油漏れを起こした場合は、ドアクローザー自体がダメになってしまいます。せっかくの新品を台無しにする可能性を考えれば、業者へ依頼する費用も安心代としてそれほど高いものではありません。

業者に頼んで安全に交換しよう

ドアクローザーの設置は取り付け角度と適切な調整が重要で、正しく設置・調整が行われていない場合、メーカーが想定した動作にならないことがあります。また取り付け作業を繰り返してドアにいくつもネジ穴を空けてしまったり、開閉速度の調整が上手くいかないといった話はよく耳にするものです。住宅回りのプロである弊社ではドアクローザーの交換・取付を年中無休で行っております。もしご利用中のドアクローザーに不調を感じたら、お気軽にお問い合わせください。専門のスタッフがすぐにかけつけご対応いたします。またドアクローザーを取り付けてみたが調整がうまくいかない。といった場合も弊社にご依頼いただければ、原因を解明して最適な状態に調整致します。

他社とはここが違う!鍵の特急マスターの強み

サービスの流れと作業手順

サービスの流れと作業手順 サービスの流れと作業手順
安心のサービスクオリティ とにかく早い!担当者のクオリティに絶対の自信
PageTop