これで冬も安心、ドアノブの静電気対策グッズまとめ

0120-537-365

これで冬も安心、ドアノブの静電気対策グッズまとめ

ドアノブの修理・交換サービス 玄関 室内ドア 浴室 トイレ 他

鍵の修理サービス「東証一部上場 生活救急車」がお伺いします!出張・お見積無料!365日年中無休で受付

これで冬も安心、ドアノブの静電気対策グッズまとめ

ドアノブに触れた瞬間にバシッと静電気が流れ、かなり痛い思いをする事があるかと思いますが、乾燥した冬場によく起こるのが静電気による放電衝撃です。このページでは「これで冬も安心ドアノブの静電気対策グッズまとめ」と題し、ドアノブで放電衝撃が起こる理由や静電気対策グッズをご案内していきます。

放電衝撃が起こる仕組み

着衣の摩擦で起こる静電気は素材の組み合わせで大きくかわります。レーヨン・ナイロンといったプラスに帯電しやすい素材と、アクリル・ポリエチレンといったマイナスに帯電しやすい素材がこすれあったとき、静電気は大量発生します。乾燥した冬場に静電気が溜まり易い理由としては湿度の問題があります。ある程度湿度が高い時期であれば水分が電気を通すため、発生した静電気は常に流れ出て体には溜まりません。また溜まった静電気の流れ出しかたによって受けるショックの度合いも変わってきます。大抵は指先がドアノブに触れた瞬間にバチッと来ると思いますが、この指先という狭い範囲から一気に静電気が流れることがポイントで、実は手の平など広い面積で触れればそれほど痛い思いをすることは無いのです。ドアノブに触れる前に静電気を流す方法としては「片手で壁を触りながらドアノブを握る」、「ドアノブに触る前にガラスなどの絶縁体にふれる」といった、体に溜まった静電気を別のものに移す方法が有効です。

ドアノブの静電気対策グッズ

とは言え、いつも忘れずにそんな事が出来るくらいなら何も苦労は入りませんので、グッズに頼ることにしましょう。「静電気対策ドアノブカバー」を握り玉タイプのドアノブに取り付ければ、あの忌まわしい放電衝撃から逃れることが出来ます。様々な商品が発売されていますが、伸縮性があり滑りにくい素材でできたドアノブカバーを選びましょう。「キーホルダータイプの静電気除去」は車に乗る機会が多い方に最適です。キーホルダーを手に持ち先端をドアノブや車のドアなど金属パーツに近づけて静電気を放電します。あの文具で有名な「ぺんてる」から発売されている「静電気除去グッズB」シリーズは、放電する静電気をエネルギー源として小窓の液晶上にかわいいアニメが動きます。カラーバリエーションも豊富なため女性にお勧めです。キーホルダー型静電気除去グッズはその他にも様々なメーカーから発売され販売価格も500円程度からとなっています。ブレスレットタイプの静電気対策グッズとしては、「スパークノンシリコンバンド」などがあります。導電性の高い酸化ミクロチタンなどをシリコンラバーに練り込んだブレスレットで、普通に生活するだけで静電気を低減してくれる手軽さが魅力です。

他社とはここが違う!鍵の特急マスターの強み

サービスの流れと作業手順

サービスの流れと作業手順 サービスの流れと作業手順
安心のサービスクオリティ とにかく早い!担当者のクオリティに絶対の自信
PageTop