ドアノブのラッチの壊れやすい部位と修理方法

0120-537-365

ドアノブのラッチの壊れやすい部位と修理方法

ドアノブの修理・交換サービス 玄関 室内ドア 浴室 トイレ 他

鍵の修理サービス「東証一部上場 生活救急車」がお伺いします!出張・お見積無料!365日年中無休で受付

ドアノブのラッチの壊れやすい部位と修理方法

ドアロックの役割を担っているドアノブのラッチ。ドアの開閉をおこなう際に、ドア内に滑りこんだり飛び出したりする三角形の金具とその周辺部品の名称です。こちらではラッチの壊れやすい部位と、その修理方法についてご紹介します。

よくある3つの不具合と修理方法

ドアノブのラッチはかなり耐久性のある部品ですが、使用状況が悪いと壊れる場合があります。以下で不具合につながりやすい原因3つと、それぞれのケースでのラッチ修理方法をみていきます。

壊れやすい部位①「ストライク」

ストライクは、ラッチボルトやデッドボルト(四角形のかんぬき)を受けるドア枠側に設置される金具です。ドアの歪みや建て付け不良により、ラッチとストライクの位置がズレている。ドアとドア枠の間に何かが挟まったりしている。といったスムーズにドアが閉まらない状態で使用し続けた場合などに、ストライクにラッチボルトが当たって削れてしまうというケースは多いものです。ラッチボルトに深めのキズが付いている場合は、まさにこの状態です。カチッと言うまでドアを押し込まないと扉が開いてしまう。ドアを閉める時に引っかかり感がある、といった場合はストライクの位置調整をします。ストライクをとめているネジを少しゆるめて、正しい位置に合わせるだけです。ドアとドア枠に何かが挟まっているときは取り除いてください。

壊れやすい部位②「内部部品」

ラッチケース内のグリスが切れてサビが発生したり埃がたまっているドアノブは、ひねったときに少し重く感じます。この状態のまま力任せにドアノブを開閉していると、内部部品に負荷がかかり折れたり割れたりする事があります。ドアノブに重さを感じたときは、ラッチケースを取り外し、分解して内部を確認します。埃がたまっていれば掃除機や柔らかい布などで掃除をおこない、サビが発生していればグリスアップや部品交換を行います。取り替える場合には、予め型番の確認を行いラッチに合った部品をホームセンターやメーカーから取り寄せます。

壊れやすい部位③「バネ」

ドアノブを元に戻すバネは、ラッチケース内部とドアノブ内に存在します。これらに伸びや破断が発生すると、ドアノブが元の位置に戻らなくなったりラッチが出切らないといった状態になります。やはりラッチボルトに負荷がかかって壊れやすい状況ですので、思い当たるときは早めに修理をしましょう。まずはラッチケース内部なのかドアノブ内なのか、原因を特定する必要がありますので、一つひとつを分解してバネの状態を確認します。状態の悪いバネを発見したら、取替え用のバネを購入して取り替えてください。

ここまで3つの不具合をご紹介しましたが、ドアノブやドアの開閉時に違和感を感じた段階で、すぐに対処するのが長くラッチを使い続けるためのポイントです。しかし原因は多岐にわたるため、特定しきれない事もあるかと思います。そのような時は鍵のプロに点検修理をお任せください。ご相談およびお見積りは無料ですので、弊社フリーダイヤルまでお気軽にご連絡ください。

他社とはここが違う!鍵の特急マスターの強み

サービスの流れと作業手順

サービスの流れと作業手順 サービスの流れと作業手順
安心のサービスクオリティ とにかく早い!担当者のクオリティに絶対の自信
PageTop