ドアノブをレバーハンドルへ交換するなら鍵屋に相談

0120-537-365

ドアノブをレバーハンドルへ交換するなら鍵屋に相談

ドアノブの修理・交換サービス 玄関 室内ドア 浴室 トイレ 他

鍵の修理サービス「東証一部上場 生活救急車」がお伺いします!出張・お見積無料!365日年中無休で受付

ドアノブをレバーハンドルへ交換するなら鍵屋に相談

少し前までは多くの住宅や施設で見られた握り玉タイプのドアノブですが、より軽い力でドアを開けられて、しかもデザイン的にもスマートに見えるレバーハンドルタイプのドアノブが広く普及するようになりました。従来の握り玉タイプからレバーハンドルタイプへの交換もそう難しいものではありませんが、より確実に交換作業を終了させるならドアや鍵を専門に取り扱う業者に依頼するのがよいでしょう。

ドアノブのレバーハンドルへの交換

今使用しているドアノブの調子が悪い、開閉が緩いといった操作上の問題をはじめ、見た目やデザインを一新したいといったときなどにもドアノブを交換することが可能です。もちろん握り玉タイプからレバーハンドルタイプに交換することもできます。
ただし、それらの部品やドアノブ周りに関して寸法がきちんと合っていることを確認しなければ、うまく交換作業が行えません。どのようなタイプでも単に取り換えられるわけではないのです。ドアノブを交換する際には、いくつかの場所について交換する部品に合致するサイズかどうかを測っておくことが必要です。

フロント板

これは、ドアの側面に来るラッチを含む部品です。この部品のサイズが合わないとラッチが正常に機能しなくなります。

ドアの厚み

交換したいドアノブの部品は、ドアの表と裏を貫通させて組み込む必要があります。そのため、ドアの厚みがその部品より厚すぎても薄すぎても対応できないことになります。

ビスの間隔

部品のサイズ自体は合ったとしても、それを固定するビスの位置がずれてしまうと取り付けることができなくなります。

丸座のサイズ

ドアノブをドア表面に固定する部品を丸座と言いますが、このサイズが合っていないとがたつきが出たり、また設置そのものができなかったりします。

鍵付きドアノブへの交換も可能

室内のドアには鍵を設置していないこともあるでしょう。しかし、何らかの理由で鍵なしのドアノブから鍵付きのものに交換することも可能です。その場合は、円筒錠もしくはチューブラ錠のように簡易的にロックができるものとなります。
いずれも、ドアの開閉をコントロールするラッチがドアの仮締まりとロックを行う本締まりの役割を担います。これらは鍵の機能としては軽度なものとなるため、玄関などの外部に通じるドアには向いていません。あくまで屋内のドアに使用するものと考えてよいでしょう。

こうした鍵付きの機能を併せ持ったドアノブにそのまま交換することで、本来のドアノブの機能を持つだけではなくロック機能を付加できることになるわけです。

レバーハンドル交換は鍵屋が安心

こうしたドアノブの交換に関しては、DIYでも可能ではあるとされています。ホームセンターでレバーハンドルや握り玉とその周辺部品を併せて購入することもできますが、前述のような寸法合わせや交換の順序など、素人では扱いづらいものであることも確かです。さらに鍵付きのものに交換するとなっては、万が一誤って作業途中にドアを閉めてしまい、そのまま開かなくなってしまうケースもあるのです。
そこで、ドアや鍵を専門に取り扱う業者に依頼して交換してもらうのがやはり一番おすすめの方法です。私たち鍵屋はドアや鍵に関する知識を豊富に持っているので、ドアノブ周りの寸法を見てどのタイプのドアノブに換えるのが最適かを判断できますし、また交換の作業についても的確に行うことができます。

他社とはここが違う!鍵の特急マスターの強み

サービスの流れと作業手順

サービスの流れと作業手順 サービスの流れと作業手順
安心のサービスクオリティ とにかく早い!担当者のクオリティに絶対の自信
PageTop