鍵穴だけの交換は可能なの?玄関ドア鍵のシリンダー錠交換方法とは

0120-537-365

鍵穴だけの交換は可能なの?玄関ドア鍵のシリンダー錠交換方法とは

鍵の交換サービス 玄関 金庫 シリンダー 窓 ドアノブ ドアクローザー 他

鍵の修理サービス「東証一部上場 生活救急車」がお伺いします!出張・お見積無料!365日年中無休で受付

鍵穴だけの交換は可能なの?玄関ドア鍵のシリンダー錠交換方法とは

鍵穴の交換をお考えの方!広く普及しているドアノブやレバータイプ、サムラッチ錠は鍵穴の部分だけを交換することができます。また、シリンダーが単体のパーツとして販売されているものもあり、その部分だけを交換できるものもあります。また空き巣の侵入手口も年々進化されていますので、鍵穴交換の際には高いセキュリティ性能を持つ高性能シリンダーへグレードアップされることをお勧めしています。

鍵穴のみを交換する方法と仕組みについて

玄関ドアに付いている鍵穴は、ドア扉に鍵穴があるもの、ドアノブ中央に鍵穴があるもの、またその両方が設置されているものに分けられます。現在普及している玄関鍵にはほぼ100%シリンダー錠が使われているので、シリンダー錠(鍵穴部分)だけを取り外して交換が可能です。ノブに内蔵されているタイプの場合にはノブごと交換しなければなりませんが、ノブはドライバーさえあれば取り外しが簡単にできます。扉に埋め込まれているタイプは、ドア枠のネジを外せば、ラッチユニット、シリンダー部分の順番で取り外すことができます。またご自身で作業される時は、交換部品に付属している取扱説明書の指示に従い作業を進めて下さい。

犯罪の手口を知り、自宅の玄関鍵を防犯性の高い鍵穴に交換

一般的な不正開錠方法を以下にご案内します。交換用の部品をお選びになる時には、これらの手口に対抗できる鍵穴への交換をお勧めします。

ピッキング

鍵穴にヘアピンのような針金を差し込み開錠する方法です。ピッキングは昔からある不正開錠の手法ですが、現在でも耐ピッキング性能が低いモデルが残っており、使用されています。製造販売されたのが2000年以前のシリンダー錠は危険度が高いので早めの交換を強くお勧め致します。

カム送り

シリンダーのリングを浮かして、その隙間から針金状の工具を挿入し、錠ケースを直接攻撃して開錠する手法です。現在もカム送りで、開錠が出来てしまう玄関鍵は依然として多く残っております。対策済みのシリンダーに交換する事で解決しますが、ピッキングなど他の手口への対策は別に行わなければなりません。

こっそり合い鍵を作る

純正キーのキーナンバーから知らぬ間に合鍵を作られ、部屋に侵入されるという事件が発生しています。この手口から身を守るには、キーの頭にカバー等を付けキーナンバーを隠してしまう、スペアキーを作りそちらを常用する。スペアキー作成時にはオーナーカードが必要になるシリンダーに交換する、という対策ができます。

お勧めシリンダー錠と対策方法

上記の様な全ての手口に有効な「電子キー」「指紋認証」といったハイテク機器は、導入にかなりコストがかかりますし、すぐに実現できる方は少ないと思います。エイ・エス・アイ社の「ロイヤルガーディアン」は、シリンダー交換でカム送り対策ができ、ディンプルキータイプでピッキングにも強く、特にをお勧めの商品です。もちろん玄関ドアと既存のカギによって設置ができるモデルは異なりますので、何かわからないことがございましたら弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。

他社とはここが違う!鍵の特急マスターの強み

サービスの流れと作業手順

サービスの流れと作業手順 サービスの流れと作業手順
安心のサービスクオリティ とにかく早い!担当者のクオリティに絶対の自信
PageTop