室内の鍵交換・ドアノブ交換の際に選びたいオススメ製品

0120-537-365

室内の鍵交換・ドアノブ交換の際に選びたいオススメ製品

鍵の交換サービス 玄関 金庫 シリンダー 窓 ドアノブ ドアクローザー 他

鍵の修理サービス「東証一部上場 生活救急車」がお伺いします!出張・お見積無料!365日年中無休で受付

室内の鍵交換・ドアノブ交換の際に選びたいオススメ製品

ご自宅の室内ドアノブを鍵付きノブに交換しませんか?既存ドアノブを鍵付きの物へまるごと交換することも、調子の悪くなった室内ドアノブの鍵だけを交換することも可能です。また握り玉タイプのドアノブをレバーハンドルタイプのドアノブに変更する。小さなお子様や高齢のご家族の鍵トラブルを避けるため、カギの無いタイプ、逆にカギのあるタイプへのノブ変更も承っております。

鍵付きドアノブの種類

ドアノブはいわゆる空錠と言われるカギのかからないタイプのものと鍵付きに別れますが、鍵付きタイプは室内側からプッシュボタンでロックするものと、サムターン(ツマミ)をひねってロックするタイプに別れます。この時注意が必要なのはプッシュタイプは基本的に室外側から施錠することが出来ない点です。このため希望される用途に合わせて予めどちらかを選択することが必要になります。またトイレなどでよく使用されるタイプの鍵付きノブには室外側から解錠出来ないものと、ノブ中央に切った溝を十円玉などで室外から簡単に解錠できるタイプが有ります。このようにどの程度のセキュリティ性を鍵に期待しているのかによっても、交換品として選択すべき製品が変わってきますが、Goal(ゴール)社の鍵付き円筒錠は3000円程度と廉価である上に入手性も高いためオススメ出来ます。レバータイプの交換品としてはアルファ社のミリオンロックシリーズも良いチョイスになるでしょう。

交換できるドアノブの形状

一般的なレバーハンドルタイプや握り玉タイプのドアノブ以外にも、和室と洋間や廊下との仕切り扉用に使用される、外側ノブが握り玉で、室内側が大きなツマミになっている戸襖(とぶすま)錠などもあります。川口技研などが販売している戸襖錠にはスライド式の鍵付きの物もありますが、やはり室外側からは解錠できませんので注意が必要です。同様にスライドタイプの鍵付き内締錠についても室外側からは解錠できません。

鍵交換・ドアノブ交換時に注意したい「対応ドア厚」と「バックセット」

代替品を選ぶ際に重要になってくるのが対応ドア厚とバックセットです。これはそれぞれドア扉の厚みと、ドアノブの芯棒からドアの縁までの距離のことですが、当然ながらこれらが適応サイズでないドアノブへは交換できません。ホームセンター等で入手しようとお考えであれば、予め現在のドアノブを分解して持ち込むことを強くお勧めします。またどのようなノブを選べば良いか判らない。ノブの取り外しに自信がない。鍵だけ交換したい…等お困りであれば我々プロの鍵屋にお任せください。

他社とはここが違う!鍵の特急マスターの強み

サービスの流れと作業手順

サービスの流れと作業手順 サービスの流れと作業手順
安心のサービスクオリティ とにかく早い!担当者のクオリティに絶対の自信
PageTop