トステム(TOSTEM)の玄関・窓サッシの鍵交換

0120-537-365

鍵の交換サービス 玄関 金庫 シリンダー 窓 ドアノブ ドアクローザー 他

鍵の修理サービス「東証一部上場 生活救急車」がお伺いします!出張・お見積無料!365日年中無休で受付

トステム(TOSTEM)の玄関・窓サッシの鍵交換

住宅のみならず、各種施設やビルなどの建物設備を提供している旧トステム(TOSTEM)・現リクシル(LIXIL)の製品は、いずれも高品質・高性能で幅広く認知されています。玄関ドアと窓サッシなどでも有名で、防犯性にも配慮されて製品が作られています。

トステム(TOSTEM)製窓サッシの性能

トステム(TOSTEM)は、2011年4月よりリクシル(LIXIL)と改名して優れた住宅設備などを製造販売している会社です。その中で窓サッシが広いシェアを誇っており、性能の高い製品を多く提供しています。防音や結露などに対応できる工夫をさまざまに凝らした製品が多いですが、その技術力は防犯性にも生かされています。
窓サッシに錠をかけるものはクレセント錠と呼ばれますが、その種類にもいろいろなものをそろえています。

空かけ防止

クレセント錠は金具に金具を引っ掛けるという構造上、窓を閉める位置がずれているなどすると錠がうまくかからないことがあります。その空かけを防止するために、窓をきちんとした位置に閉めるまでクレセントが回らないような仕組みを取り入れています。

鍵付き・ロック付き

クレセントにさらに鍵やロックをかけて、簡単に開錠することができないようにしたものです。窓を開けるためにはまずその鍵やロックを解除し、クレセントが動くようにしてから開錠することになります。これによって、外部から開けられるのを防ぐことができます。

ストッパー

万が一クレセント錠を外部から開けられてしまった場合にも、ストッパーによって窓を全開にすることができなくなります。錠と合わせて2重でブロックできるようになるわけです。ロック付きクレセント錠や補助錠などを導入すれば3重に突破を防止できます。

窓サッシ錠(クレセント)のトラブル

窓サッシのクレセント錠は、多くの場合ネジで固定されています。そのネジがゆるんでしまうとうまくかみ合うことができず、錠のかかりが悪くなってしまいます。また、クレセントは回してかけるものですが、さびつきや劣化などによって回りにくくなってしまうこともあります。

さらに、クレセント本体ではなく受け側の金具にずれがあったりネジが緩んでいたりしたときも、錠のかかりが甘くなってしまいます。こうした状態では、外部から容易に錠を突破されてしまう危険性がありますし、壊れてしまうのも時間の問題となるでしょう。

トステムの玄関ドア・窓の鍵交換はお任せ下さい

玄関・クレセント錠に関しては、私ども鍵のプロである専門業者に頼めば交換いたします。リクシル製のドア・窓サッシであれば、それに対応する鍵を取り付けさせていただきますし、またさらに性能の高い鍵への希望も承ります。

他社とはここが違う!鍵の特急マスターの強み

サービスの流れと作業手順

サービスの流れと作業手順 サービスの流れと作業手順
安心のサービスクオリティ とにかく早い!担当者のクオリティに絶対の自信
PageTop