窓のクレセント錠が経年劣化で固くなった時の修理・交換はお任せ

0120-537-365

窓のクレセント錠が経年劣化で固くなった時の修理・交換はお任せ

鍵の交換サービス 玄関 金庫 シリンダー 窓 ドアノブ ドアクローザー 他

鍵の修理サービス「東証一部上場 生活救急車」がお伺いします!出張・お見積無料!365日年中無休で受付

窓のクレセント錠が経年劣化で固くなった時の修理・交換はお任せ

窓ガラスのサッシ鍵として最も一般的なクレセント錠(三ヶ月型の回転錠)が、経年変化などで固くなった時の修理交換は弊社にお任せください。クレセント錠は本来二枚のガラス窓を押し付けるように合わせることで、防音効果や密閉性を高めるために考案されたものですので、クレセント錠と錠受けの位置関係がおかしくなると、スムーズに鍵がかからなくなり固くなる、逆にガタガタになるといった事が起こりがちなものです。またクレセント錠自体に問題があるケースとは別に、サッシ自体の歪みを原因として、それに引きずられる形でクレセント錠と錠受けが合わなくなるケースも多くあります。ここでは原因を切り分けながらクレセント錠の修理・交換方法を述べてゆきます。

アルミサッシ側が原因でクレセント錠が固くなるケース

サッシの枠とサッシをよく見ると気がつくと思いますが、建物自体が傾いているためにサッシ枠に歪が出ているといったケースや、上階の重みに梁が耐えられずサッシ枠が歪んでしまっているケースなどが有ります。この場合サッシの戸車(引戸の下側に付けて開閉をなめらかにする小さな車輪)の高さ調整などで、ある程度まではサッシを枠側に合わせていくことが可能ですが、やり過ぎるとクレセント錠と錠受けが合わさらなくなりますので、程度を見極めて作業してください。またサッシ枠の歪みがあまりにもひどい場合には、サッシ枠を一旦壁から取り外して付け直すといった大きな工事が必要になることがあります。戸車の調整方法は高さ調整のネジの締め具合で調整します。あまりにも高さが揃わないと滑りが悪くなりますが、戸車の外側を高くしたり低くしたりすることで、若干はサッシ枠の歪みにサッシを合わせることが出来るため、クレセント錠と錠受けの位置ずれを調整することも可能です。

クレセント錠の修理・交換方法

クレセント錠と錠受けの調整方法は、それぞれ取り付けネジをドライバーで少しゆるめ、上下左右にずらしてネジを締め直すことで、位置関係をあわせて行きます。ただしネジを緩めすぎると、ネジを受けているプレートがサッシの中で落ちてしまう場合があります。その場合取り返しの付かないことになりますので、あまり勢い良くネジを緩めすぎないように注意してください。全交換も同様の作業で可能です。このようにクレセント錠の修理・交換は特別な工具を使用することもないためご自身でも行えるのですが、サッシ・サッシ枠との絡みもあって難しいところがあります。もしうまくいかない、自身が無いといった場合にはご相談ください。また、調整修理やクレセント錠の交換で回復できない場合は、補助錠の取付などといった代替策もございます。どのようなケースでも鍵と防犯のプロが適切なご提案を致しますのでお気軽にお電話ください。

他社とはここが違う!鍵の特急マスターの強み

サービスの流れと作業手順

サービスの流れと作業手順 サービスの流れと作業手順
安心のサービスクオリティ とにかく早い!担当者のクオリティに絶対の自信
PageTop