自動ドアの鍵やフロアヒンジの故障・油漏れ修理はお任せ

0120-537-365

自動ドアの鍵やフロアヒンジの故障・油漏れ修理はお任せ

鍵の修理・調整サービス 玄関 金庫 シリンダー 窓 ドアノブ ドアクローザー 他

鍵の修理サービス「東証一部上場 生活救急車」がお伺いします!出張・お見積無料!365日年中無休で受付

自動ドアの鍵やフロアヒンジの故障・油漏れ修理はお任せ

会社や医療施設、商業施設などといったあらゆるところで見かける自動ドア。そんな自動ドアの故障やフロアヒンジのトラブルにお悩みではないでしょうか?自動ドアは使い続けるうちにどうしても性能が低下してしまいます。

自動ドアは経年劣化する

自動ドアは精密な電子機器で構成される製品です。それを連日のように使い続けるので、経年劣化はどうしても避けることができません。機械的消耗・電気的消耗などが引き起こされ、あらゆるところに故障不具合が出てきてしまうのです。一見調子よく動いているように見えても、実は内部の消耗が進んでいる場合もあります。

実は、自動ドアを構成する電子機器は、5~7年あるいは120万回~250万回の作動で寿命が訪れるといわれています。もしこれに該当するようであれば、できるだけ早期の修理を検討してみてください。

自動ドアの故障不具合事例

自動ドアの故障不具合にはさまざまな症状が見受けられます。実際の症状とその原因をご紹介しましょう。

電源を入れても動かない(フロアヒンジの油漏れ)

従動プーリ(ベルトを駆動させるもの)・センサー・コントローラーなどの故障が想定されます。電源を入れても動かないのは、一部の故障から包括的な不具合までさまざまな要因が考えられるため、実際に内部を覗くまではポイントを特定することはできません。つまり、この症状が出た自動ドアは大きな問題が発生している可能性があるとも言い換えられるので要注意です。

異音がする

ドアを動かすレールおよびローラーが消耗し、通常の形ではなくなっていることから異音に繋がっていると考えられます。レールとローラーは消耗品であり、定期的に交換しなければならない部品です。異音が発生したまま使用し続けるとほかの部品に悪影響を与え、最悪の場合は動作が止まることもあります。

反応が悪い

多くは、周辺の状況を読み取る役割を果たすセンサーの不具合が原因です。センサーは長年使い続けると感度が低下するため、人が近づいても反応しなくなります。常に動いている機能ですから、ほかの部品より劣化が早いともいわれています。

自動ドア鍵・フロアヒンジの修理交換は当社にお任せ

当社は鍵屋でありながら、自動ドアの修理もおこなっており、上記で紹介した故障不具合事例をはじめとしたあらゆるトラブルに対応しています。もちろん自動ドア下部に取付けてある鍵の修理も専門範囲内です。実際の故障不具合に応じた最適なプランを提案いたしますので、安心して当社にご相談ください。

他社とはここが違う!鍵の特急マスターの強み

サービスの流れと作業手順

サービスの流れと作業手順 サービスの流れと作業手順
安心のサービスクオリティ とにかく早い!担当者のクオリティに絶対の自信
PageTop