自動ドアの鍵が開かないトラブルはご相談ください

0120-537-365

自動ドアの鍵が開かないトラブルはご相談ください

鍵の修理・調整サービス 玄関 金庫 シリンダー 窓 ドアノブ ドアクローザー 他

鍵の修理サービス「東証一部上場 生活救急車」がお伺いします!出張・お見積無料!365日年中無休で受付

自動ドアの鍵が開かないトラブルはご相談ください

お店の出入り口や会社・事務所の玄関など、様々な所で日々使用されている自動ドアですが、センサーやエンジンの不具合、ガイドレールにゴミが詰まるなど、しばしばトラブルは起こっているのでは無いでしょうか?それらは営業しながら解決可能なトラブルですが、自動ドア鍵が開かなくなった場合はそうは行きません。自動ドアの鍵に、重い・開け辛い、刺しにくい・抜きにくい、などの症状が現れた時は危険信号です。ドアが開かなくなった場合は全く仕事になりませんので、気配を感じた時点で一刻も早く修理を行う事が肝心です。またスペアキーを作りたい・失くしたなど鍵の複製や、防犯性アップのために自動ドアの鍵を交換したい、といったご希望にもその場で対応致します。自動ドアの鍵トラブルならどんなことでも鍵のプロ集団にご相談ください。

自動ドアの鍵開け

通常自動ドアの鍵穴はドアの最下部についていますが、錠前部分は更にその下のガイドレールの中に収納されています。この位置はレールに溜まった埃や水などの影響を強く受けますので、自動ドア鍵は内部部品の経年劣化による腐食がさけられないものと考えてください。鍵を失くした場合ならピッキングで解錠し、スペアキーを作成してそのまま何事も無く使用できるようになります。しかし鍵が鍵穴の中で折れてしまった場合や、錠前内部が錆び付いているような場合は少し話が難しくなってきます。

自動ドア鍵の交換作業

自動ドアは鍵でシリンダーを操作し、デッドボルトをレール内の溝にはめ込み施錠する仕組みです。このためほとんどのメーカーの自動ドアが、ドアをレールから取り外して錠前部分にアクセスする構造となります。よほど古い自動ドアでなければ、一般的なMIWAやGOALのシリンダー錠を使用していますので、錠前交換自体は難しいものではありませんが、ドアの脱着を行うために作業時間は長めになります。一部古いタイプの自動ドアでは、円柱状の棒錠を使用している物もあります。鍵穴を覗きこめばすぐに分かりますので、オペレーターに予めお申し付けください。店舗オーナーや会社の責任者の方は、自動ドアの鍵もいずれ必ず壊れるものと思っていてください。なぜなら日々開閉している人達は鍵が開かなくなるまで何も言わないものだからです。自動ドアの鍵が開かないトラブルを避ける最善の方法は、こまめな清掃と、不具合が起こっていないかを常に確認することです。お電話を頂ければいつでもスグ出動いたします。弊社フリーダイヤルまでお気軽にお電話ください。

他社とはここが違う!鍵の特急マスターの強み

サービスの流れと作業手順

サービスの流れと作業手順 サービスの流れと作業手順
安心のサービスクオリティ とにかく早い!担当者のクオリティに絶対の自信
PageTop