ベランダの鍵が調子悪いと感じたら、すぐに修理して防犯対策を

0120-537-365

ベランダの鍵が調子悪いと感じたら、すぐに修理して防犯対策を

鍵の修理・調整サービス 玄関 金庫 シリンダー 窓 ドアノブ ドアクローザー 他

鍵の修理サービス「東証一部上場 生活救急車」がお伺いします!出張・お見積無料!365日年中無休で受付

ベランダの鍵が調子悪いと感じたら、すぐに修理して防犯対策を

ベランダ鍵の調子が悪いと感じたらすぐに修理して防犯対策を行いましょう。ベランダの窓は空き巣やストーカーなどの侵入経路として上位を占めているものです。集合住宅の高層階や戸建ての二階以上では、窓を閉めず網戸にしたまま外出される方が多いことも、窃盗犯などに侵入されてしまう大きな原因となっています。ベランダの防犯対策としてもっとも重要なのは必ず鍵を閉めることですが、その上で補助錠・防犯アラームの取付け、防犯フィルムの設置なども欠かせません。このページではマンション一戸建てを問わず防犯対策の要である、ベランダ防犯対策の注意点と対策方法をまとめていきます。

なぜベランダが狙われるのか?

防犯対策が進み施錠された玄関ドアからの不正な侵入が難しくなっていることもあり、近年では窓からの侵入事例が最も多くなっています。ベランダの窓ガラスは日々出入りするため、小窓のように面格子をつけることが出来ません。また玄関ドアシリンダー錠の不正開錠はそれなりのテクニックと専用の道具が必要ですが、クレセント錠(三ヶ月型のサッシ用ロック)だけの標準的なベランダ窓であれば、大したテクニックも必要なくその気になれば誰にでも数十秒で侵入が可能なのです。現在は「特殊開錠用具の所持の禁止等に関する法律」によって一般人が不正開錠の道具(ピッキングツール、マイナスドライバー、バールなど)を所持しているだけで逮捕されてしまいますが、未対策の窓ガラスはライターとそこら辺の小石で簡単に侵入可能です。更に道具を持たなくて済むということは、窃盗犯やストーカーが職務質問に遭遇しても危険が低いため、ガラス破りによる住宅侵入が増え続ける大きな理由となっています。

ベランダの防犯対策

クレセント錠は日々使うものだけに緩んだりズレたりしやすいものです。また築年数の経った建物や立て付けの悪い窓枠のゆがみ等により、窓ガラスのサッシは傾いてしまうこともあります。その状態で無理やり鍵をかけていると、ベランダ窓のクレセント鍵は徐々に壊れていきます。このためサッシの戸車と気密ピースの調整を日常的に行い、クレセント錠のガタツキが出た場合は本体と錠受けの高さ調整を行います。また空き巣などのガラス破りに対抗するため、ガラスに防犯フィルムを貼り補助錠を設置します。ここまで明らかに防犯対策が行われている家屋に侵入を試みることは、窃盗犯にとってリスクが高過ぎるため考えにくくなります。更にストーカー対策として最も有効なのは防犯ブザーの設置です。窃盗犯は金目の物があればどの家でも同じですが、ストーカーは対象が明確なため無理な侵入も厭わない傾向があります。このためいざとなった時に確実に近隣に被害が伝わることが、身を守るために最も重要なポイントとなります。設置する防犯ブザーはガラス破りに対抗可能な振動感知型のものをお勧めします。どこが弱点なのか?どのような対策が効果的なのかなど、鍵と防犯のプロが的確にアドバイスいたしますので、ベランダ鍵の修理・防犯対策は弊社にご相談ください。

他社とはここが違う!鍵の特急マスターの強み

サービスの流れと作業手順

サービスの流れと作業手順 サービスの流れと作業手順
安心のサービスクオリティ とにかく早い!担当者のクオリティに絶対の自信
PageTop