鍵穴壊しによる、玄関や勝手口などの侵入への防犯対策

0120-537-365

鍵穴壊しによる、玄関や勝手口などの侵入への防犯対策

防犯対策・補助錠の取付け プロの立場から最適な防犯対策をご提要します!

鍵の修理サービス「東証一部上場 生活救急車」がお伺いします!出張・お見積無料!365日年中無休で受付

鍵穴壊しによる、玄関や勝手口などの侵入への防犯対策

鍵穴壊しとは錠前の不正開錠による窃盗犯の侵入手口の一つで、ドリルやホールソーなどを使用しキーシリンダーを破壊して住宅内に進入するものです。かなり荒っぽい手法ですがしっかりと対策を行うことで鍵穴壊しによる侵入を未然に防ぐことは可能です。ご自宅の玄関・勝手口の防犯対策を行い鍵穴壊しによる空き巣被害を防ぎましょう。

窃盗犯による玄関や勝手口からの侵入方法

最も有名なピックとテンションという特殊工具を使用して不正開錠を行う「ピッキング」はご存知かと思いますが、バンプキーと呼ばれる特殊な鍵を鍵穴に差し込み、木槌などで叩くことで瞬時に開錠してしまう「バンピング」。覗き窓やドアポスト、ハンドドリルであけたドア扉の小さな穴などから、金属製のツールを差し込み室内側のツマミをひねって鍵を開けてしまう「サムターン回し」。シリンダーとドア扉の間に特殊な工具を差し込み錠前を動作させることで開錠してしまう「カム送り(バイパス開錠)」などがあります。鍵穴壊しはこのようなスマートな方法とは異なり、電動工具を使用して強引に解錠するかなり荒っぽい手法だといえますが、鍵穴壊し以外にもバールなどを使用してドアを無理やりこじ開けてしまう「こじ破り」や、シリンダーやドアノブと扉の隙間にバールをさしこみこじり取ってしまう「シリンダーもぎ取り・ノブもぎ取り」といった暴力的な手法も多数存在します。このように不正開錠方法は様々ですので、これらを理解したうえで全てに対応できる防犯対策を行うことが必要になります。

鍵穴壊しへの防犯対策

工具類を使用した鍵穴壊しへの防犯対策としては、セキュリティ性能の高いシリンダー錠へ錠前自体を変更されることを強くお勧めします。単純に言ってしまえば内部部品に焼入れを行ったものを使用していたり、いわゆる超合金的な硬度の高いパーツを使用したシリンダーを選択することになるのですが、錠前の全面にプロテクトプレートを採用したものなど各メーカーから様々なモデルが販売されていますのでご相談ください。更に前述の各種攻撃に対抗するためには補助錠の設置などおすすめできる対策方法がいろいろありますので、ご自宅玄関や勝手口のドアにどのシリンダーが使用できるか?部品代や交換作業費用はどのくらいかかるのか?などご不明な点があればフリーダイヤルのオペレーターまでお気軽にご連絡ください。弊社の誇る熟練作業者がご自宅まですぐさま伺い、現状を拝見したうえで防犯性の高い最適なモデルをご案内致します。ご希望内容に沿ったお見積りを行いますが、もしお見積内容にご不満があればその場でキャンセルされても問題はありませんのでお気軽にご連絡ください。

他社とはここが違う!鍵の特急マスターの強み

サービスの流れと作業手順

サービスの流れと作業手順 サービスの流れと作業手順
安心のサービスクオリティ とにかく早い!担当者のクオリティに絶対の自信
PageTop