リバースドアスコープで外から室内を覗かれる危険性をご存じですか?

0120-537-365

リバースドアスコープで外から室内を覗かれる危険性をご存じですか?

防犯対策・補助錠の取付け プロの立場から最適な防犯対策をご提要します!

鍵の修理サービス「東証一部上場 生活救急車」がお伺いします!出張・お見積無料!365日年中無休で受付

リバースドアスコープで外から室内を覗かれる危険性をご存じですか?

玄関のドアを開けることなく、外を覗くことで確認できる防犯窓がドアスコープです。そのドアスコープを室外から覗くことで、室内が見られてしまうということがあるのをご存知ですか?防犯グッズとして市販されている「リバースドアスコープ」を使えば、室外から容易に室内が覗けるのです。このページでは、犯罪に悪用されることがあるリバースドアスコープの仕組みと、リバースドアスコープの対策方法をご紹介しています。

室内を外から覗ける「リバースドアスコープ」

リバースドアスコープの本来の使用目的は、「室内にいるかもしれない不審者と、帰宅時に鉢合わせしないように外から室内を確認できるようにする」という為の防犯グッズです。しかし残念ながら、覗きや空き巣が室内を確認するために使っているケースが多い商品なのです。

リバースドアスコープの仕組みは簡単にいうと、「ドアスコープレンズを反対にしたもの」で、室外からこれをドアスコープに当てて覗きこむと室内が丸見えになってしまいます。ドアスコープは魚眼レンズですので、安価で手に入る単眼鏡を逆さにして覗いても同じように丸見えになってしまうのです。中から外を覗くドアスコープから、逆に覗かれてしまう危険性が潜んでいることを覚えておきましょう。

玄関ドアスコープを使った犯罪とは

古い賃貸マンションやアパートなどのドアスコープは、実は簡単に外側から外せます。その穴にカメラを仕込んでしまえば室内の様子を盗撮することができますので、小さな穴でも油断して放置したままでいると、大変危険なのです。また、この穴から専用の道具を入れ、サムターン回しを行い内側から鍵を開錠してしまうという侵入窃盗の手口もあります。

空き巣はまず最初にインターホンを鳴らして在宅しているかを確認する為、外側から覗かせないようにするだけでも効果はあります。もし普段ドアスコープは使用しないならばしっかり塞いでおくといいでしょう。また、夜間など室外が暗い時ドアスコープからの光の漏れで在宅かどうかを知られてしまいます。ドアスコープを普段から使用しているという方は、取り急ぎの対策として半透明のビニール等で蓋をするといいでしょう。

ドアスコープの防犯対策グッズ

一番手軽にドアスコープの防犯対策が出来るグッズは、室内側に取り付けるドアスコープカバーです。専用カバーでドアスコープを塞ぐので見た目も良く、可動式で使い勝手も良いです。ネットショップや通販などで数百円から入手可能ですのでご検討されてはいかがでしょうか。

但し、ドアスコープカバーはあくまでも覗きを防止する為の物で、ドアスコープを外されるサムターン回しなどの攻撃を防ぐことはできません。「防犯ドアスコープ」に交換すると、ドアスコープを外そうと外側を回しても空転するので安心できます。さらにセキュリティを強化したい場合には、「ドアスコープカメラ」の設置がお勧めです。元のドアスコープを外し、その穴にカメラを入れます。ドア周辺の動きをモーションセンサーで感知した時や、呼び鈴・インターホンなどの音を感知すると扉の外の様子が自動的に録画されるというものです。覗かれたりする前に不審者を録画できるので、特に女性の一人暮らしのなどにはお勧めな防犯グッズです。

弊社のスタッフには「防犯設備士」という防犯のプロが数多く在籍しておりますので、ご自宅の防犯性能に不安がある方は出張専門の鍵屋にお気軽にお電話下さい。

他社とはここが違う!鍵の特急マスターの強み

サービスの流れと作業手順

サービスの流れと作業手順 サービスの流れと作業手順
安心のサービスクオリティ とにかく早い!担当者のクオリティに絶対の自信
PageTop