引違い窓のサッシには補助錠取付で防犯性能アップ

0120-537-365

引違い窓のサッシには補助錠取付で防犯性能アップ

防犯対策・補助錠の取付け プロの立場から最適な防犯対策をご提要します!

鍵の修理サービス「東証一部上場 生活救急車」がお伺いします!出張・お見積無料!365日年中無休で受付

引違い窓のサッシには補助錠取付で防犯性能アップ

引違い窓とは2枚以上のガラス窓をそれぞれ別のレールの上でスライドさせて開閉するタイプの窓のことを言います。引き違い窓には2枚のサッシが交差する中央部分に、半月状のクレセント錠などを付けて施錠するか、窓枠側の戸当り部分に縦型の引戸錠(召し合わせ錠)と言われる鍵を設置して施錠するものが主流です。本来クレセント錠は二枚のガラスを押し付けて、防音性・気密性を高めるためのものですから防犯性はそれほど高くありません。このため近年ではディンプルタイプの鍵を使用した、耐ピッキング性能の高い引き合わせ錠などが増えてきました。しかしサッシ窓に対しては「ガラス破り」という方法で窃盗が行われる事が多く、残念ながら既存鍵だけでは満足のいく防犯性能は得られません。このような背景から既存鍵が機能している状態でも、補助錠の取り付けには大きな意味があります。ここでは窃盗犯の具体的な侵入方法を参考にして、引き違い窓に補助錠を取り付けることの有効性を見ていきます。

引き違い窓のサッシに対する攻撃の手口と防犯性能

「焼き破り」:ライターやバーナーでガラスを焼いて熱くなったところを叩き割ったり、水をかけて急激に冷やすことでヒビを入れて侵入する方法。職務質問などをされた時に明らかに窃盗を行う目的の道具を持たなくて済むこと、ガラスを割る時の音が小さいことから急増してきている手口です。 「こじ破り」:ドライバーなどで鍵周辺のガラスに小さな穴をこじ開け、そこから指を入れて開錠してしまう方法。ほとんど音を立てずに短時間で開錠できる上に犯行後の外観がほぼ変わらないことから急増している手法です。これらの攻撃に対しては残念ながらクレセント錠やスライド式の引戸錠はほとんど無力です。このように窃盗犯は侵入時に大きな音を立てたり、長い時間がかかって目立つ事を嫌がりますので、補助錠を取り付けるだけでも防犯性能は著しくアップします。

低コストで大幅に窓サッシの防犯性能をアップする補助錠

窃盗犯は音を立てる、侵入に時間がかかる、明らかに窃盗にあっているということが外から見て分かる、といった状態を作りたくありませんので、できれば窓も割らずにサッシを開け閉めして綺麗に侵入したいと考えています。よって自身が入れる大きさまで窓ガラスを割る必要がある「内鍵の施錠にキーを使用するタイプ」の補助錠は劇的に防犯性能をアップします。お住まい全体を拝見してウイークポイントを見つけ、防犯性を高める必要のある箇所をピンポイントでアドバイスいたしますので、防犯のプロである鍵屋までお気軽にお問い合わせください。

他社とはここが違う!鍵の特急マスターの強み

サービスの流れと作業手順

サービスの流れと作業手順 サービスの流れと作業手順
安心のサービスクオリティ とにかく早い!担当者のクオリティに絶対の自信
PageTop