玄関鍵に補助錠を取付けてダブルロックで安心

0120-537-365

玄関鍵に補助錠を取付けてダブルロックで安心

防犯対策・補助錠の取付け プロの立場から最適な防犯対策をご提要します!

鍵の修理サービス「東証一部上場 生活救急車」がお伺いします!出張・お見積無料!365日年中無休で受付

玄関鍵に補助錠を取付けてダブルロックで安心

年々防犯意識が高まりつつある昨今ですが、その対策にはいろいろなものがあります。その中でも簡単に取り入れられて玄関ドアをロックできるものなら気負いなく導入することができるでしょう。そこでおすすめなのが補助錠です。

玄関ドアは補助錠で防犯

近年、住宅侵入犯罪の手口は巧妙化しています。玄関に1つのみついている錠を何らかの形で破壊されたり、またピッキングされたりなどで突破されてしまったときには、そのドアは全く無防備になってしまうわけです。

そこで役に立つのが補助錠の存在です。補助錠を用いることで二重に錠をかけられることになり、万が一既存の錠が突破されてしまっても、補助錠がさらに玄関ドアを守ってくれます。侵入犯はその補助錠を再び突破する必要があり、手間取っている間に時間が経過し、侵入犯としては発見されてしまうリスクが高くなるのです。

補助錠は、ただ単に二重にドアを守ることができるだけではなく、錠を突破する手間をかけさせることによって犯人が侵入をあきらめる可能性も高くなるのが大きなメリットです。特に玄関は第一に狙われやすい場所ですから、補助錠で防犯性を高めるのがおすすめです。

補助錠にはどのような種類があるか

防犯性をさらに高めるものとして、ワンドア・ツーロックという言葉があります。補助錠はワンドア・ツーロックを実現しますが、いくつかの種類があります。

面付補助錠

玄関ドアに錠をもう1つつけるタイプのものです。ドアの面に取り付けることからこう呼ばれ、シリンダータイプからテンキーになっているものまでいろいろです。シリンダーはディンプル式になっているものが多く、テンキー式は鍵を使わずとも解錠できるため便利です。

プレート金具式

大掛かりな取り付け作業が必要なく、ドアのへりに金具を取り付けるだけで錠になるタイプです。簡単に用いることができることはもちろんですが、シリンダー部もディンプルタイプで本格的なものが多くあります。

シリンダーカバー・サムターンカバー

既存のシリンダーやサムターンの上からカバーをかぶせ、ピッキングやサムターン回しを防止することができるタイプです。シリンダーカバーを開けるためにはカードキーなどが使われ、侵入犯が容易にあけることができないようになっています。またサムターンにカバーを付けることで、外部から工具などの道具で操作されることを防ぎます。

補助錠によるダブルロックで簡単防犯対策

玄関ドアに取り付ける補助錠にもいろいろな種類がありますが、それを取り付けるには手間がかかるようなイメージを持つかもしれません。しかし、実際には取り付けは非常に簡単なものが多く、簡単にワンドア・ツーロックを実現することができます。

補助錠のタイプによっては玄関ドアに合わないものもあるため、取り付けの際は注意が必要ですが、きちんとドアに合った補助錠を選ぶことを心がければよいでしょう。また、シリンダーやサムターンにカバーをかけるだけでも防犯性はぐんとアップします。玄関にはダブルロックが基本と考えると、簡単に取り付けられる補助錠の役割は大きなものとなるはずです。

自分で取り付けるのは大変、正しく取り付けられているか不安といった方も多いでしょう。そんな時は、ぜひ私たち鍵屋に一度ご相談ください。経験豊富な作業員が対応させていただきます。

他社とはここが違う!鍵の特急マスターの強み

サービスの流れと作業手順

サービスの流れと作業手順 サービスの流れと作業手順
安心のサービスクオリティ とにかく早い!担当者のクオリティに絶対の自信
PageTop