日常生活で起こりやすい原付の鍵トラブルまとめ

0120-537-365

日常生活で起こりやすい原付の鍵トラブルまとめ

鍵の解錠・紛失サービス 玄関ドア 窓の鍵 自動車 バイク 金庫 他

鍵の修理サービス「東証一部上場 生活救急車」がお伺いします!出張・お見積無料!365日年中無休で受付

日常生活で起こりやすい原付の鍵トラブルまとめ

原付きバイクは、駐車場からの出し入れもあまり面倒にならず、ちょっと出かける脚としてとても重宝なものです。しかし生活に密着しているものだけに、鍵の管理や施錠などがルーズになりがちなのか、意外に作業依頼を多くいただくのが、原付きの鍵トラブルに関するものです。このページでは「日常生活で起こりやすい原付きの鍵トラブルまとめ」と題し、ご依頼の多い事例をまとめていますので参考にしてください。

原付きの鍵紛失トラブル

やはり鍵を失くされるケースは多いものです。ご自宅に駐車している状態で鍵を紛失したのであれば、バイク屋さんに依頼して鍵の取り寄せ、もしくはシリンダー交換が可能です。しかし現実的には、鍵紛失は大抵の場合出先で起こるものです。この場合厄介なのが、住宅や金庫のように鍵さえ開けばなんとかなるというものでなく、バイクに乗って帰るためにはスペアキーの作成が必須という点です、この場合は我々のような鍵屋に依頼するしかありません。プロの鍵屋はバイクの鍵穴を見ながら、鍵穴に合ったスペアキーを削れます。ここがバイク屋さんやロードサービスと最も違う点です。

シート下収納スペースへの鍵とじ込み

メットインなどへ鍵を閉じ込めてしまうケースも非常に多いものです。この時シートを開ける鍵が、シートの横についているタイプであれば、ピッキングで鍵を開けて即座に解決します。もの数分で開錠できますのでどうということはありません。しかし、エンジン始動キーの所でシートを開けるタイプの場合は少し厄介です。この手のバイクはピッキングではシートを開けられず、一旦スペアキーを作成し、その鍵を使用してシートを開ける必要があります。シートさえ開けばそこから鍵が出てくるにもかかわらず、スペアを作成するというのも悲しい物がありますが、こればかりは致し方ありません。更にキーシャッター付きの場合は、シャッターも開ける必要が有るためより工賃がかさみます。シート横に鍵穴の無いバイクに乗られている方は、くれぐれも鍵のとじ込みに注意してください。

原付きの鍵折れ

意外に多いのが、鍵穴内で鍵が折れてしまうというトラブルです。長年使用している鍵は、経年劣化によっていわゆる金属疲労を起こし、思いのほかあっさりと折れることがあります。ハンドルを倒しきらずに、ハンドルロックが外れないポイントで無理に鍵を回すなどは、鍵に大きな負荷がかかりますので注意してください。原付きの鍵トラブルはプロの鍵屋にお任せください。バイク屋さんやロードサービスより、早く・安く解決できることがほとんどです。365日年中無休でいつでも現場までお伺いいたします。鍵トラブルなら何でも、弊社フリーダイヤルまでお気軽にお申し付けください。

他社とはここが違う!鍵の特急マスターの強み

サービスの流れと作業手順

サービスの流れと作業手順 サービスの流れと作業手順
安心のサービスクオリティ とにかく早い!担当者のクオリティに絶対の自信
PageTop