スーツケースのダイヤルロック開錠は当社が解決

0120-537-365

スーツケースのダイヤルロック開錠は当社が解決

鍵の解錠・紛失サービス 玄関ドア 窓の鍵 自動車 バイク 金庫 他

鍵の修理サービス「東証一部上場 生活救急車」がお伺いします!出張・お見積無料!365日年中無休で受付

スーツケースのダイヤルロック開錠は当社が解決

スーツケースのダイヤル番号を忘れてしまった、借り物などでそもそもダイヤル錠の正しい番号を知らないなど、スーツケースのダイヤルロック開錠でお困りであれば当社が解決いたしますのですぐにご連絡ください。しばらく使っていないスーツケースで番号を忘れてしまったというケースもしばしばございますが、工具などを使用して無理にご自身で開錠を試みてスーツケースを壊してしまう方もいらっしゃいます。スーツケースが開かなくなった場合はご自宅まで作業担当者がお伺いし開錠いたしますので、まずはプロにご相談ください。空港や駅などスーツケースのトラブルが頻発する場所であれば、弊社の担当者が現場に近い場所に居合わせている可能性もありますので、お気軽にお電話ください。出張料・お見積り料は無料ですし、もしお見積りした工賃と作業内容にご納得いかれない場合には、その場でキャンセルなさっても問題ありません。もちろんその場合もキャンセル料などはいただきませんのでご心配無用です。緊急性やご対応するスーツケースの代替品の価格によっては、弊社担当から作業を行わずにスーツケースの買い替えをおすすめする場合もあります。状況に合わせてお客様に適したご提案を行い、誠意をもってご対応いたしますのでご安心ください。

ダイヤルチェンジボタンには注意が必要です

ダイヤルチェンジボタンが付いているスーツケースの場合は、ご自身がセットした番号が変わってしまっていることがあります。この場合、ご自身で記憶している番号では開錠できませんのでプロに任せてください。ダイヤルチェンジボタンはボタンが押し込まれ戻ったときに、表示されていた番号が新しい暗証番号になる仕組みです。何かの拍子にダイヤルチェンジボタンにさわってしまい、気がついた時にはダイヤル番号が変わってしまうといったことは起こり得るものです。

プロはスーツケースと鍵を壊さずに開錠します

スーツケースのダイヤルロック番号忘れ以外にも、TSAロックのスーツケースの鍵開け、シリンダー錠のスーツケースの鍵開け、ジッパータイプのダイヤルロックスーツケースの鍵開け、フレームタイプのロックキーの鍵開け、キャリーバックの鍵開け、南京錠でロックしているカバンの鍵開けや、それらの複合原因によってスーツケースが開かなくなっている場合でも鍵のプロが開錠致します。鍵自体の故障、キーの紛失や鍵折れなどがあっても問題ありません。その場で開錠し使えるようにいたします。。

他社とはここが違う!鍵の特急マスターの強み

サービスの流れと作業手順

サービスの流れと作業手順 サービスの流れと作業手順
安心のサービスクオリティ とにかく早い!担当者のクオリティに絶対の自信
PageTop